​PROFILE

土井 美佳 ヴァイオリン

土井美佳 (ヴァイオリン)

 

 神戸山手女子高校音楽科を経て、大阪音楽大学卒業後、渡英し研鑽を積む(英国王立音楽院、宗倫匡教授もと)。

 

第3回全日本芸術コンクール第1位、

第16回日本演奏家コンクール奨励賞、

第14回大阪国際音楽コンクール入選、

第12回KOBE国際学生音楽コンクール奨励賞、第9回パルナソス音楽コンクール入賞など、受賞多数。

 

奨学生としてクールシュベール国際アカデミー等を受講し、ロンドンやウィーンにてリサイタルや演奏会に出演。

2011年にはWessex日英協会15周年記念「Classical Music Festival」St.Dunstan教会(ロンドン)にてリサイタルを行う。

 

関西を中心に、推薦リサイタルや演奏会に出演など、ソロやプロオーケストラなどで活動。

またNHK神戸”ジャズライブKOBE”や神戸ジャズストリートに出演するなど、ジャンルを超えても活動する。

 

大阪音楽大学付属音楽院(本校・さくら夙川校)、神戸山手女子高校弦楽アンサンブル、

姫路市ヴァイオリン教室各講師。

 

大阪音楽大学演奏員。ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団登録団員。

神戸音楽家協会会員。

 

これまでにヴァイオリンを藤井たみ子、北浦洋子、宗倫匡、ヴィオラを深井碩章、室内楽を故クラウス・シュトルクの各氏に師事する。

 

2017年に姫路文化賞第35回『黒川録朗賞』を受賞する。